多くの方は、家づくりという経験は初めてではないでしょうか。そして建築士や設計士に依頼すると、「設計料 として高額な金額をとられるのではないか」「敷居が高いイメージ」などをお持ちの方は少なくないと思います。 しかし、そんなことはありません。私は、オリジナルの自分だけの家を理想とする方へ、寄り添って向き合い たいと思っています。ハウスメーカーや工務店に依頼した時とは違う「家づくりの流れ」をご紹介いたします。

まずはヒアリングを通じてお客様から様々なご要望・ご意見 をお聞きし、お客様の生活スタイルに合うプランを模索して いきます。
何度か打合せを重ねさせて頂いた後、計画の叩き台 ( ベース ) となる基本計画プランをご提案致します。
当事務所では、場合によってはパース図などを用い、視覚的 にもわかりやすいプレゼンテーションを心がけております。
基本計画プランにご納得いただけた時点で、設計・監理業務 のご契約をお願いしております。

基本計画プランを基に、基本設計を進めていきます。 お客様のご要望が極力反映できるような間取り・動線計画を じっくりと練っていく作業です。
最後に後悔をされる事がないよう、何度も打合せ・確認を重 ねながら、丹念に時間をかけてじっくりとプランを絞り込ん でいきます。
住みやすさ・使い勝手・快適さ・エコ etc・・・、 専門家とし て様々な角度からアドバイスをさせて頂きます。
基本設計がほぼ煮詰まった段階で、次の実施設計に移ります。

実際に建物を建てる際に必要となる図面を作成していきます。
基本設計を基により詳細な図面を作成する事は、施工を依頼 する業者さんに計画の内容を正確に伝える重要な作業です。
この図面が不十分ですと勘違い・思い込み等による手戻り等 が発生する原因にもなりますので、一切の妥協を致しません。
実施設計が完成した時点でお客様に最終確認をして頂き、実 施設計業務の完了となります。

完成した実施設計図書を基に、施工業者への見積入札を 依頼します。
複数の業者から提示される工事請負費等を比較検討し、 お客様の同意を得て施工業者を決定します。
お客様と施工業者との間で工事契約を交わして頂いた後、 建築確認申請業務や住宅瑕疵担保責任保険申請の手続き 等を行っていきます。

施工業者との契約締結後、建築確認申請が許可された段階で 工事着工 ( 開始 ) となります。
図面通りの施工がきちんとされているか、工程の進捗具合に 問題がないか等、第三者として公正な立場で工事を監理・指 導していきます。
工事完了後、最終チェックとしての設計検査を入念に行いま す。 指摘事項が是正され全ての工事が完了した事が確認できた 後、お客様への引渡しとなります。